トナーブラザーのリサイクルトナーなら株式会社ポニーパルへお任せください

トナーブラザーのリサイクルトナー(Brother)ネット直販

FrontPage


 
 
 
 
 
 
 

[check]53~72%を知らないで廃棄?

[check]安すぎる再生品は大丈夫なの?

[check]自分でできる方法はあるの?

[check]詰め替えボトルがあれば便利!


画像の説明

マニュアル 自分で作れる をオープン。
環境にやさしい 詰め替えボトル の販売。


【スタッフが心がけること】
1.お客様のご希望を聞くことから始めること
2.店舗スタッフの商品説明が詳しいこと
3.製造工場から直販商品だから責任をもつこと
4.お客様に誠意ある対応をすること
5.スタッフの説明でお客様に納得して貰うこと

1.プリンターの緊急トナー切れを”おまじない”で解決。
2.消耗品経費を大きく浮かせて”おまじない”効果。
3.詰替えボトルでプラスチック埋め立てを減らしましょう。
4.「全~んぶ」今まで見えなかったものが見えます。

ブルーライン.jpg

信じられない!」自分でできる「詰め替えボトルトナー」販売中! 
わかりやすく説明しております。店長のグッとくる人間味ある優しさに、みなさん「ホッとする」と好評をいただいております。毎月のメルマガ発行(8万通)で新情報も有難い! ある時は「〇〇社長から紹介ですけど・・」と口コミによる紹介も多くなっています。
歯科医の先生、動物病院の先生、小児科の先生、税理士の先生、総合病院のご担当者さま、パソコンスクールの先生、中古車販売店プロのみな様、ゴルフ場の事務担当者様、個人商店の店主様、保険会社様などあらゆる業界の皆様に感謝いたしております。

ブルーライン.jpg

弊社のスタッフはオーナー以外は若い30代の仲間です。
筑波学園研究都市に隣接した自然豊かな環境で、
研究心あふれる仲間とともに仕事と家庭を両立しています。

画像の説明
消耗品のコストは想像していた以上に多額の出費かと思われます。
カラープリンターのコストなどは驚きの数字となっております。

必要な経費はムダなく使ってほしいと経営者は考えます。
ムダを省くためにはプリンターの仕組みを知ることも必要かと思われます。

このレポートをお読みくださりありがとうございます。
共鳴していただいておりますお客様へは、自分の手で地球環境を汚すことなく、胸を張って「環境保全に貢献している」と言ってください。埋設されるプラスチックがなくなることが日本をきれいにし、いつまでも湧き出る水が海に流れ込むシステムづくりにご協力ください。そうなれば子供たちの食卓にも活き活きした魚が並ぶことを想像してください。

利用者の声《詰替え用トナー》を利用してみて体験談
詰替え用トナーがものを大切する心を思い出させてくれました。
プリンターの詰替え用トナーがあるとは知りませんでした。
プリンターのメッセージが出ると「あぁ~、もうトナー切れだ」とプリンターのメッセージ通りに新しいものを購入していました。

あるとき、ネット販売で交換ボトルトナーというキャッチを見つけ読みました。
自分のカートリッジに自分でトナー交換をする写真をみて、”素人でもできるんだ!”と驚きました。早速、お試しセットを購入して実践しました。インクとは異なり、汚れることはありませんが、汚れても直ぐに水洗いで落ちますので、長くインクが手に付着しているなんてことはありませんでした。
どうしても印刷枚数が多いときなど、最後の方になってから「トナー切れです」という表示がでます。「後、少しで終わるのに!」こんな苦い経験がありました。
地方に住んでいる私ですから、メーカー純正品をお店に頼んでも速くて3~4日かかります。そんなとき自分で詰替えができたら本当に安心です。
交換して驚いたことは、今までは無駄に廃棄していたことに気づかされました。
トナーもプリンターに「ダメージを与えないトナー」ということで安心して使用しております。こんな取り組みをされている会社さんは珍しいです。
プリンター消耗品の仕組みを丁寧に説明してくれて、新しいプリンターの購入に際してのアドバイスなどもしてくれます。

ただ、安ければいいではなく、最後まで使うことが大事かと思います。
交換用トナーを使うことで、プラスチックの埋め立ても少なくなり、今問題になっている放射能汚染の海への流出問題。これと同じように、私たちの便利さだけで地球を汚していることに気づかされました。
今後も交換用トナー販売を続けてくださいますようお願いします。


あなたのオフィスからも”地球に愛を!”

詰替えマニュアルの補足などのメール送信してます
会員登録してください(個人情報厳守)

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

カード会社一覧